平均足とは

※日々の情報を更新するのに応援クリック下さい♪

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ 

→ ランキング上位にくれば、もっと内緒の話も公開しますので、是非お力添え下さい♪

平均足とは、ローソク足の実体にあたる部分(色がついている部分)で上辺と下辺の平均値を採用した足の事を言います。

  • 始値=(前時間の平均足始値+前時間の平均足終値) ÷ 2
  • 高値=その時間足の高値
  • 安値=その時間足の安値
  • 終値=(その時間足の始値+高値+安値+終値) ÷ 4

前回の15分足チャートのように、ある程度の値動きがあってから、次の色が出る特徴がありますが、トレンド時には、同じ色が連続する事になります。

また平均足は、前の足との平均を取るので、窓は発生しません。(窓については後ほど解説を入れておきます)

 

ローソク足・平均足、両方の足に共通する考え方

色が出ていない時やヒゲが連続している時は相場に方向性がついていない時なので、無理してエントリーせず、しっかりした色が出てきてからにした方がトレードしやすいと、私は考えています。

そのため、足の確定を待つのか?待たないのか?によって、

  • 比較的短いトレードの場合は次の足の確定を待っていると獲り逃してしまう。
  • 逆に長めのトレードの場合は次の足の確定を待った方が判断しやすい。

という事が起きる事もありますので、この辺りは「自分自身でトレードする前にルールを作る」のがよいでしょう。

(=と言っても、初心者の方がトレードの前にルールを作るのは、とても難しいのですが・・・)

平均足とは まとめ

ローソク足はすぐに色が変わるので初動に強く短時間トレードに向きます。

平均足は連続に強いのでトレンドを把握しやすく比較的長めのトレードに向きます。

高値や安値で飛び出したヒゲはどちらの場合も、転換のサインとなりますので要チェックです。

 

 窓とは

前週のNYクローズの値から離れた値で市場がオープンする事。

土日も動いている中東市場や、大口の注文が値を動かす為。 ローソク足表示だとしっかり窓となって現れるが、平均足表示だと窓にはならないので注意。

そのように出来た窓は埋まりやすい傾向があるので、上手に使ってエントリーするのが窓埋めトレードです。

  • 瞬間的に埋める窓
  • じわじわと埋める窓
  • 長時間かけて埋める窓

と、窓には様々ありますが、基本的動作は下記となります。

  1. 窓埋め狙いでまずはエントリー
  2. 埋める方向に動き利が乗ったら利確
  3. 埋めにくかったら早目に利確、ないし手仕舞い
  4. 逆に動いたら一旦手仕舞い

窓狙いのトレードは月曜午前中で終わらせるのが無難でしょう。

 

 なんで窓が埋まるの?

窓を埋めていくのは、週末持ち越しポジションの利確もありますし、 「窓は埋めていくと考える集団心理の要素も強い」と言われています。

例えば上窓の時、ロングを持ち越していた人が利確(すなわちショート)したら、 下落の可能性が出るわけです。

「埋めるはず・・・」という認識で窓埋めエントリーをした人が、 途中で動きが止まったら、どう思うでしょう。

「うわ、埋まらないかもしれないな、早目に利確しておこう」 と思ったりしませんか?

窓も始まってみれば、大きな動きの中の一部分にしか過ぎません。

 

実際、平均足表示なんて当然ですが窓にもなりませんからね。 ありきたりな言葉ですが臨機応変が一番です。

窓はボーナスタイムですが、過剰な期待はもちろん禁物。 意地を張って利を逃したなんて事の無いようにしましょう。

 

 窓埋めロングの注意点

大きな下窓や高値圏からの下窓などの時は、そのまま暴落に繋がっていった事も過去に多数あります。
(ロングを持ち越していた人が次々に損切りにあうため)

埋まりにくい、もしくは急落した場合はすぐに撤退をしておきましょう。

月曜の窓の参戦は、週の一番最初のトレード。 ここを勝つことで、その週のモチベーションも高まります。

そういう意味でも、 まずは慎重に、小さくても勝って始めたいところですね。

※日々の情報を更新するのに応援クリック下さい♪

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ 

→ ランキング上位にくれば、もっと内緒の話も公開しますので、是非お力添え下さい♪

SBIFXトレード

コメントを残す