ドル円 見通し 2017年5月24日はFOMCも注視

※日々の情報を更新するのに応援クリック下さい♪

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ 

→ ランキング上位にくれば、もっと内緒の話も公開しますので、是非お力添え下さい♪

おはようございます。

今日は東京へ向かう新幹線の中から書いています。

 

昨日のドル円は少し円安ドル高に動きましたが、112円台では上値を抑えられやすいと考えます。

市場(マーケット)は6月のFOMCでアメリカの利上げを80%程度織り込んでいるようです。

 

【参考】FOMCとは

連邦公開市場委員会(れんぽうこうかいしじょういいんかい、英語:Federal Open Market Committee、略称:FOMC)とは、アメリカ合衆国の金融政策の一つである公開市場操作(国債買いオペなどを通じて金融機関の資金需給を調節すること)の方針を決定する委員会のこと。

FOMCは、アメリカの中央銀行ともいうべきFRB(連邦準備制度理事会)の理事7名や地区ごとの連邦準備銀行総裁5名で構成されており、アメリカの金融政策を決定する最高意思決定機関である。

定期的に約6週間ごと年8回開催される他、必要に応じて随時開催される。

声明文は、FOMC開催最終日(アメリカ東部標準時午後2時15分頃)に公表、議事要旨は政策決定日(FOMC開催最終日)の3週間後に公表され、市場関係者にとって今後のアメリカの金融政策を予想する手がかりとなる。(wikiより引用

 

前回のFOMCでの議事録が発表されますので、ここは注目したいです。

もちろん、それだけで相場が動いているわけではありませんが、

利上げ織り込みが度が増えるとドル高、減るとドル安というイメージは持っておくと良いでしょう。

今日も一日頑張りましょう!

※日々の情報を更新するのに応援クリック下さい♪

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ 

→ ランキング上位にくれば、もっと内緒の話も公開しますので、是非お力添え下さい♪

SBIFXトレード

コメントを残す