fx初心者 おすすめ

FX初心者の方がまずしなければいけない事は、口座開設やトレード通貨の選択などがありますが、実際に取引をして覚える事も多いですし、本を読んで学ぶというよりもしっかりとトレードスタイルを確立した上で、慣れていくのが一番学びが多いです。

ここでは、FX初心者にオススメのトレードスタイルのあり方を私なりの考えをお話ししたいと思います。

 

FX初心者におすすめの通貨は??

私は2008年よりFXを始めましたが、初心者の方は先ずドル円をトレードされることをおすすめします。

理由は世界の基軸通貨であるドルの値動きを見ることが、為替を理解する最も有効な方法であると考えるからです。

そして基本は「デイトレ(一日の中で完結させる)」から始めてみるのが良いでしょう。

 

理由としては、

経済のニュースやチャートを見ながらドルが上がると思えばドル円をロング(買う)すれば良いし、ドルが下がると思えばドル円をショート(売る)すれば良いのです。

 

お勧めのチャートやトレード口座については後程お話するとして、ここで一番大事なことをお伝えしなければなりません。

それは、

必ず損切り注文を入れること。

FXをする上で避けるべきは、思惑と逆行した時に果てしなく損が膨らんでいくことです。
これを「塩漬け」と言って私の経験上、最大悪と言っても過言ではありません。

 

なぜ最大悪なのか?ですが、含み損が増えるからだけのこと言っているのではありません。

塩漬けがあると、次のトレードが出来なくなってしまうことが、私は機会の損失につながると思っているからなのです。

 

トレードでは、

先ず自分の資金を守ること。

それを第一に考えていただきたいと思います。

 

FX初心者は、まずは取引時間には注意をしましょう。

取引時間は特に重要です。

日本における取引時間ですが、「東京市場→ロンドン市場→ニューヨーク市場」と、一日は流れていきます。

市場があるという事は、それぞれの市場で参加者が違いますので、特徴を把握しておきたいところですので、ここでは一日の流れと時系列にしてみました。

09:00  日経オープン・銀行オープン 市場にお金が入ってくる
09:55  仲値決定
10:00  仲値を受けジャストタイムで流れが変わることも(特にゴトウビ)

15:00  このあたりから欧州市場オープンに向けての動きが出てくる
17:00  市場に実需のお金と投機のお金が入ってくる

22:00  米市場オープンに向けての動きが出てくる
22:30  米指標発表あり(サマータイム時は1時間早くなりますので切り替わり時期には注意する)

深夜   FOMC(早朝)がある日は就寝前に注意
それぞれの取引時間において、主役の通貨を意識し、主役をしっかり張って動いているのか、主役の動きにつられて動いてしまっているのかを見定めましょう。

 

例えば、豪ドルトレードでも、東京時間は豪ドル円が主役を張ることが多いです。
=理由は、オーストラリア人と日本人がトレードしているからです。

逆に、NY時間は豪ドルドルが主役になります。
=理由は、アメリカ人がトレードしているからという事になります。

 

FXのおすすめ まとめ

FXを始めるにあたり、口座選びや取引通貨選びなどは重要になりますが、それ以上にご自分のトレードスタイルをどうするのか?は、とても重要ですし、スタイルを固めて、損切りを入れながらトレードを行えば、リスクヘッジも出来て、ご自身にとって最適なトレード方法となっていくはずです。

損切りを入れるのは、人の心で「まだ大丈夫」と言った期待や不安というトレードに持ち込むべきでない「感情」が入ってしまう事で難しい事もあります。

しかし、ここでお話しした通り、毎度のトレードに一喜一憂する事無く、総合的に見て勝てるトレードをするためには、必ず損切りする事は必要となってきますので、憶えておいて下さい。
(損切りについては、また別の機会で詳しくお伝えしたいと思いますので、少々お待ち下さい。)

コメントは受け付けていません。