RSIとは

※日々の情報を更新するのに応援クリック下さい♪

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ 

→ ランキング上位にくれば、もっと内緒の話も公開しますので、是非お力添え下さい♪

直訳すれば『相対するものの力関係を比較した指数』であり、米国のチャート研究家の W・ワイルダー氏によって考案されました。

RSIは、相場の買われすぎ、売られすぎを示すテクニカル指標であり、オシレーター分析の中では最も活用されている分析方法と言えます。日本では「相対力指数」とも呼ばれて広く活用されております。

 

RSIの見方は、指数が100%に近いほど買われすぎ、0%に近いほど売られすぎを示し、9日間や14日間が最もよく使われています。
(指数が100% あるいは 0%になることはありません)

W・ワイルダーは14日間の指数が最適であり、70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎと判断すべきとしています。

SBIFXトレードより

 

似たようなオシレーター系に、RCIやストキャスティクス等がありますが、買われすぎ売られすぎは日々チャートを見ていれば、イメージ出来ると思います。

ただし、トレンドが発生したときには機能しませんので注意が必要です。

【RSI】

※日々の情報を更新するのに応援クリック下さい♪

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ 

→ ランキング上位にくれば、もっと内緒の話も公開しますので、是非お力添え下さい♪

SBIFXトレード

コメントを残す