高値安値とは

私のトレード手法は高値・安値を最も重要視しています。

特に日足ベースでの高値安値に水平線を引いてそのラインを意識しています。

 

画像のように水平線を引くことによって、レンジ(一定の場所で行ったり来たりする)やトレンド(一方方向にブレイクする)が分析できますので、そこがトレードチャンスと考えてください。

 

私はレンジブレイクのトレンドフォロー(順張り)が好きです。

特に安値割れのショートが得意なので「暴落探知機」と呼ばれたこともありました(笑)

【参考】久しぶりの暴落探知機発動

→ ArakiTakayuki.com 帝王学 久しぶりの暴落探知機発動へ

 

もう少し解説を加えますと、高値・安値付近は、投機筋と呼ばれるトレーダーも常に意識していますので、付近に損切りや利確の指値注文が沢山入っています。

 

逆ポジションの損切りが執行されると、損切りが損切りを呼び加速していくことも多く、そこがトレードチャンスとなる訳です。

そのため、高値と安値を上手く使えるようになると、トレードで勝つ確率は格段に上がるでしょう。

コメントを残す